• OMIスタッフ

サイトセキュリティ(SSL通信)について

最終更新: 2月10日

サイトのセキュリティ対策は大丈夫ですか?

ホームページのURLはhttp://から始まるものと、https://から始まるものの2種類がありますが、http://のページは信号が暗号化されていないため危険が大きいと言われています。


古いサイトの多くがhttpのページのまま放置され、情報が暗号化されていないため、ページ内に「お問い合わせ」、「会員登録」、「ショッピング機能」など閲覧者(お客様)が個人情報を入力するフォームを設置されている場合、名前、メールアドレス、電話番号、カード情報などの個人情報が第三者にそのまま読み取られてしまいます。


つまりサイトのセキュリティが弱く、ユーザーにとって安心できるサイトではないということです。

​ではどうやってhttpsとhttpを確認すれば良いのか?


非常に簡単です。


PCでもスマホでも良いので確認したいページを開いて上部に表示されるURLを見るだけです。

PCブラウザ(GoogleChrom)の場合

SSL通信(https://)のサイトを開いた場合の画像



SSL通信(http://)のサイトを開いた場合の画像




スマホブラウザ(Safari)の場合

SSL通信(https://)のサイトを開いた場合の画像

SSL通信(http://)のサイトを開いた場合の画像


もうわかりましたよね?


URL(ドメイン)の頭に「🔒」のマークがあるか無いかが見極めるポイントとなります。


SSL化されたhttps://のサイトが必須の時代

基本的にはPCでもスマホでもhttpsのページには「保護された通信」と表示されたり、「🔓」マークが表示されています。

​反対にhttpのページには「保護されていない」と記載されたり「🔒」マークが表示されません。

​さらにhttpsとhttpの違いは検索順位にも影響するとGoogleさんもオフィシャルに発表しており、httpsを推奨しています。


世界中でwebサービスを展開するGoogleさんにとってはwebのセキュリティ対策は死活問題ですから最優先事項として取り組んでいて、保護されているページと保護されていないページは閲覧者に分かるように表示しますよということです。

こうした背景もあり大手企業やwebプロモーションに敏感な事業主はすでにhttpからhttpsへとセキュリティ対策を実施しホームページの閲覧者に対する信頼を高めています。

逆にhttpのサイトをこのまま放置しておくと、Googleさんをはじめあらゆるブラウザで「このページは保護されてませんよ」と表示が出ますので、閲覧者が敬遠したり、懐疑的に見られたり、ハッキングなど悪質な被害を受けたりといったことが出てくるのではないかと予想されます。


もしあなたのホームページがhttpから始まるのであれば、https化は避けられない問題です。


1回の閲覧

© OMI.LLC

本サイトコンテンツの無断転載、複製、引用はお控えください。